消防法(昭和23年法律第186号)第17条の10の規定により、工事整備対象設備等の工事又は整備に関する講習(以下「消防設備士講習」という)を次のとおり実施します。

 

1. 受講対象者
(1)免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内の方
(2)講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内の方

注1)法令改正によりH24.4.1から上記のようになりました。
注2)該当者で受講しない場合は、消防法違反となり免状の返納を命じられることがあります。


2. 講習実施区分
講習区分 講習の対象となる消防設備士の種類
消火設備講習 第1類の甲種・乙種消防設備士
第2類の甲種・乙種消防設備士
第3類の甲種・乙種消防設備士
警報設備講習 第4類の甲種・乙種消防設備士
第7類の乙種消防設備士
避難設備・消火器講習 第5類の甲種・乙種消防設備士
第6類の乙種消防設備士

3. 講習科目及び講習時間
各講習区分ごとに、次のとおり実施します。
講習科目 講習時間
(1)工事整備対象設備等関係法令及び防火に関する他法令に関する事項 9時30分〜12時00分
(2)工事整備対象設備等の工事又は設備に関する事項 13時00分〜17時00分
(注)講義時間終了後に効果測定を行います。

4. 受講科目の免除
各講習区分ごとに、次のとおり実施いたします。
(1) 6ヶ月以内に他の区分の消防設備士講習を修了された方は、第3項に記載する講習科目の(1)を受講免除できます。
(2)

今回の講習で2種目以上受講する人は、2種目以降で第3項に記載する講習科目のうち、(1)を受講免除できます。
したがって、第3項の(2)午後の講習科目のみ受講して下さい。

(科目免除該当者は、申請書に必要事項を記載してください。)

5. 令和元年度 講習の月日及び場所
講習の月日及び場所は次のとおりです。
なお、警報設備講習を受講する方は2会場設けていますので、いずれかの場所を指定することができます。
また、警報設備講習については、和歌山市では2日間実施しますので、いずれかの日時を指定することができます。
講習区分 月 日 場 所 案内図
警報設備講習 10月21日(月) 田辺市新屋敷町1番地
紀南文化会館
案内図
警報設備講習 10月29日(火) 和歌山市手平2丁目1-2
和歌山ビッグ愛
案内図
警報設備講習 10月30日(水) 和歌山市手平2丁目1-2
和歌山ビッグ愛
案内図
消火設備講習 11月12日(火) 和歌山市手平2丁目1-2
和歌山ビッグ愛
案内図
避難設備・消火器講習 11月13日(水) 和歌山市手平2丁目1-2
和歌山ビッグ愛
案内図
(注)午前9時00分から受付を開始します。

6. 受講料
各講習区分ごとに 7,000円(和歌山県収入証紙)
(1) 和歌山県証紙売りさばき所は、県の指定銀行(紀陽銀行「取り扱っていない店舗もございます」)及び県振興局、県立高等学校ほか、県指定の売りさばき人です。
※当協会での和歌山県収入証紙の売りさばきは行っておりません。
(2) 県証紙は収入印紙とは異なります。その他購入金額、和歌山県内での受講に限るなどご注意ください。

7. 受講申請手続
(1)受付期間 令和元年9月2日(月)〜9月6日(金)
(午前9時から午前12時、午後1時から午後5時まで)
(2)受付場所 (公財)和歌山県消防設備保守協会
〒640-8249 和歌山市雑賀屋町52番地 南方ビル3階
TEL:073-402-2657 FAX:073-402-2658

和歌山県各振興局総務県民課
(海草振興局総務県民課を除く。)
(3)受付方法 @ 郵送の場合は簡易書留とし、次の(4)に示す書類と返信用封筒(切手の貼付は必要ありません)を同封の上、(公財)和歌山県消防設備保守協会あてに送付して下さい。
A 持参の場合は、受付場所へ次の(4)に示す書類を持参して下さい。 なお、各振興局総務県民課に持参の場合は、受講申請書と配布している返信用封筒(切手の貼付は必要ありません)を提出して下さい。
(4)申請時に必要な書類等
消防設備士講習
受講申請書
受講票
写真(1枚) 受講申請書提出前6ヶ月以内に撮影した正面上三分身像で無帽、かつ、無背景の縦4cm、横3cmの写真を所定の欄に貼り付けること。
受講手数料 7,000円(受講区分ごと)
上記相当額の和歌山県収入証紙(収入印紙は不可)を受講申請書の手数料欄に貼り付けること。
消防設備士免状の写し
(裏表のコピー)
申請書の提出時には、申請書ごとに添付すること。
(交付番号及び講習履歴が記載されている部分)

8. 講習会当日に必要なもの
(1) 受講票(受講申請時に交付します。)
(2) 消防設備士免状(講習当日、会場受付へ提出してください。)
(3) 筆記用具

9. 受講の証明
講習を修了された方に対しては、消防設備士免状裏面に講習を修了したことを証明し、免状をお返しします。

10. 講習資料
講習の資料は「消防設備士講習用テキスト:(一財)日本消防設備安全センタ−発行」を使用します。

11. その他
(1) 受講申請書の受理後は、受講申請書及び受講手数料を返還しません。
(2) この講習に関する問い合わせ等は、(公財)和歌山県消防設備保守協会にお願いします。
(3) この講習は、和歌山県が(公財)和歌山県消防設備保守協会に委託して行います。
(4) 田辺会場、和歌山会場ともに駐車場はありますが、有料となっております。
(5) 個人情報については、本人の同意なしに第三者に開示・提供はいたしません。

12. お問い合わせ先
公益財団法人和歌山県消防設備保守協会
〒640-8249
和歌山市雑賀屋町52番地南方ビル3階
TEL:073-402-2657
案内図
 
 公益財団法人和歌山県消防設備保守協会