協会トピックス

消火器点検パンフレットと点検結果報告書について
消防法施行令の一部が改正(2018年3月28日公布)され、2019年10月1日より150平方メートル未満の小規模な飲食店等において新たに消火器具の設置が義務づけられます。
これに伴い、消防庁から、小規模な飲食店等の関係者が自ら消火器の点検及び点検結果報告書の作成を行うための支援ツールとして、「消火器点検パンフレット」と「消防用設備等点検結果報告書」の記載例が示されました。

○消火器の点検報告支援パンフレット(PDF)
 消火器の点検と報告を行うことができるように点検の方法や点検結果報告書の記入要領をまとめたパンフレットです。  本パンフレットは、蓄圧式消火器(粉末消火器及び強化液消火器)を対象に作成されています。

○消火器の点検結果報告書等の様式(PDF)
 管轄消防署へ点検結果を報告する際に必要となる様式です。(様式は、A4サイズで両面印刷して使用してください。)

■移動式粉末消火設備等の点検に係る留意事項及び点検済証の頒布申込について
◯ 点検に係る留意事項
 移動式粉末消火設備等のバルブ類の開放点検を行う場合は、加圧用ガス容器等を貯蔵容器から取り外す前に貯蔵容器の排気操作を行う必要があり、これを実施しない場合、内部の消火薬剤が噴出するおそれがありますので、添付の「点検に係る留意事項」を確認の上、点検作業を行ってください。
リーフレット(PDF) 点検に係る留意事項(PDF)
想定される事故(PDF)
 
◯ 容器弁バルブ類点検済証の頒布申込
 移動式粉末消火設備等の加圧用ガス容器弁の開放点検実施後に貼付する「容器弁バルブ類点検済証」が必要な協会員及び表示登録会員は、当協会宛てにFAXで申し込んでください。(申込書は「各種様式ダウンロード」からダウンロードできます。)


消防用設備等の確実な点検を!

 
一般財団法人新潟県消防設備協会